肺がんのCTガイド下針生検

 肺がんの確定診断を行なうための生検には、気管支鏡のほかに、CTを使った「CTガイド下針生検」があります。気管支鏡で観察できない、肺の奥のほうにできたがんの生検を行なうために最適な方法です。

肺がんの「CTガイド下針生検」とは?

 肺がんを確定するための生検としては、鼻や口から細い内視鏡を進ませる「気管支鏡」がよく用いられています。気管支鏡の先にはカメラが付いているため、実際に中の様子をモニターで確認しながら検査ができる点がメリットです。

しかし気管支鏡を進ませられるのは、基本的に太い気管支だけで、奥のほうに枝分かれした細い気管支には入っていけません。

ですから、肺の末梢部のがんが疑われる場合は、気管支鏡ではなく、直接体の外から針を刺して病変を採取する「針生検」のほうが向いています。

中でも「CTガイド下針生検」は、その名の通り、CTを使って行われる生検です。CT撮影で体の断面図を見ながら、慎重に病変部まで針を進ませ、組織を採取します。採取された組織は病理検査にかけられ、悪性・良性の区別を判断するという流れです。

CTガイド下針生検は、おもに気管支鏡が入っていけない部位のがんが疑われる場合、もしくは気管支鏡でうまく組織を採取できなかった場合などに行なわれます。

肺がんの「CTガイド下針生検」の流れ

 CTガイド下針生検を受ける際は、一般的に2泊3日程度の入院が必要です。

検査時はCTの検査台の上に横になり、局所麻酔を行ないます。これによって針を刺す痛みはほとんど感じません。その後、CT撮影を行なって病変の位置をしっかりと確認しながら、針を到達させて組織を採取します。

検査後は、針を刺した部位からの出血を防ぐために、圧迫措置が行なわれます。また気胸や血痰をはじめ、まれに命に関わる重い合併症が起こる可能性もあるため、検査後は院内で徹底した経過観察が必要です。

針生検は、どの部位でも患者さんの体にかかる負担が大きいものですが、特に肺は生命に関わる呼吸を行なう器官ですので、それだけ合併症リスクも大きいといえます。

そのため他の検査で肺がんが強く疑われ、また病巣が肺にとどまっていると判断された場合は、実際に手術で病巣を摘出し、その組織をすみやかに病理検査にかける「術中迅速診断」という方法が採られることもあります。

特にステージT〜U期であれば、いずれにせよ開胸手術が必要になりますので、そのほうが患者さんの負担を軽減することが可能です。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ