肺がんの検査

肺がんで行われる検査の解説

肺がんで行われる検査を知ろう!

こちらのカテゴリでは、肺がんを診断するための検査と、肺がんと診断された後に受ける検査についてご紹介しています。

肺がんの検査としてもっとも広く実施されているのは、「胸部X線検査(レントゲン)」です。事前準備なども必要なく、誰もが簡単に受けられることから、職場検診や自治体の検診などでよく行なわれています。

ただし胸部X線検査には、「写りにくい部位がある」というデメリットもあり、肺がんが見逃されてしまう可能性もゼロではありません。

胸部X線検査に加えて、主に喫煙者を対象に行なわれている検査に「喀痰細胞診」があります。朝一番の痰を採取し、その中にがん細胞が混ざっていないかどうかを調べる検査です。

混ざっていた細胞の異型度によって、判定結果にいくつかの段階があり、そちらについても記事で解説しています。

さらに精密な検査としては、「胸部CT検査」をご紹介しています。X線検査では見つけにくい、小さな病巣も発見しやすいため、特に喫煙習慣のある方は定期的に受けておくと安心です。

最終的に肺がんの診断をつけるためには、「CTガイド下針生検」などで組織を採取し、それを病理検査にかける必要があります。実際にどのような検査が行なわれるのか、ぜひご覧ください。

その他、血液検査によって肺がんのリスクを調べる「腫瘍マーカー」や、肺がんの骨転移の有無を調べるための「骨シンチグラフィ」、全身への転移を一度に調べることができる「PET検査」などについてもご紹介しています。

「肺がんを早期発見したいが、どんな検査を受けたらいいのか分からない」という方、実際の検査内容について詳しく知りたい方などにおすすめです。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ