肺がんの進行度を調べる検査一覧

 肺がんの治療を行なうためには、がんがどこまで広がっているのかを確認することが必要です。それによって手術ができるのかできないのか、できるとすればどの程度の切除範囲になるのかが決定されます。

肺がんの転移を調べるCT・MRI検査

 肺がんの進行度を調べる検査としては、CTやMRIなどの画像検査があります。

たとえば胸部CTでは、肺がんの病巣のサイズや位置、また周りの組織にどれだけ浸潤しているかを確認することが可能です。また肺がんは脳や骨、副腎などに転移しやすいため、腹部CTや脳のMRIなども実施されます。

CTもMRIも、体の断層画像を得られる検査ですが、CTはX線、MRIは磁気が使われている点が特徴です。

CTは多少の被ばくというデメリットはありますが、骨や肺の描出に優れていることと、一度に広範囲の画像を撮影できる点が大きなメリットで、肺がんでは特にCTのほうが行なわれます。

一方MRIは、磁気が骨を透過するため、おもに脳のチェックに役立てられています。

肺がんの骨転移を調べる「骨シンチグラフィ」

 肺がんは骨転移しやすいため、骨の状態を調べる検査も必須です。

骨シンチグラフィは、骨転移している箇所に集まる「ラジオアイソトープ」という放射性同位体を含んだ薬を注射する検査で、注射後に専用のカメラで全身を撮影することで、骨転移の有無を調べることができます。

肺がんの全身への転移を調べる「PET検査」

 全身のがんを一度に調べられる検査として、近年大きな注目を浴びているのが「PET」です。大量のブドウ糖を消費しながら増殖する、がん細胞の性質に着目して開発された検査で、ブドウ糖に似た薬剤を使用します。

それを静脈注射して全身に行き渡らせた後、スキャンすると、薬の集まる部位が光って映し出されるため、そこにがん細胞があると判断できるという仕組みです。

PETには得意ながんと苦手ながんがあるため、すべてのがんを正しく発見できるわけではありませんが、全身を一度に調べることができますので、肺がんの精密検査の一つとして役立てられています。

肺がんの治療具合を調べる「腫瘍マーカー」

 がんにかかると、タンパクなど特定の物質が血中に増えます。これを利用したのが、腫瘍マーカーという血液検査です。

たとえば肺がんの場合、腺がんなら「CEA」、扁平上皮がんなら「SCC」、小細胞がんの場合は「NSE」などの物質が血中に増えます。

ただし腫瘍マーカーは、ごく早期のがんでは陰性になることも多く、逆に陽性が出てもがんではない場合もあるため、精度は必ずしも高くはありません。

そのため、がんを発見するための検査というよりは、進行度や、治療後にどれだけがん細胞が減ったかを調べるために用いられています。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ