肺がんの症状セルフチェック

肺がんの症状

肺がんの症状セルフチェック

肺がんのガイド

肺がん症状セルフチェックについて、解説致します!

 肺がんは初期症状を自覚しづらく、早期発見が難しいとされるがんのひとつです。

また、初期症状として見られる咳や痰といった症状は軽微なものが多く、軽く考えてしまったり見逃しやすいといった問題もあります。

そのため、体に起こっている異常をはっきりと自覚した時には、すでに肺がんが進行していたというケースも少なくありません。

そこで、自分自身で定期的に肺がんのセルフチェックを行って、肺がんの初期症状が出ていないか、肺がんのリスクが高い生活をしていないかを確認してみると良いでしょう。

肺がんのチェックで最も精度が高いものは、当然ですが医療施設で受ける検査・検診となります。

最近は、忙しい方向けに検査用キットなども用意されており、検査キットを郵送して専門的な肺がんチェックを受けるといったことも可能です。

しかし、これらの方法はそれなりに費用がかかるため、頻繁に行うのは難しいという方もいらっしゃるかと思います。

そこでおすすめしたいのが、インターネット上で行うセルフチェックです。

近年、肺がんに対する意識が高まりつつあることを受け、インターネット上で簡易的な肺がんチェックができるサイトなども増えてきています。

これらは、複数の項目から自分に当てはまるものをチェックしていき、現在どれだけ肺がんになりやすい状態にあるのか、ということを確認できるものとなっています。

このセルフチェックを行ってみて、「肺がんの疑いがある」といった判定が出た場合には、速やかに専門医の検査を受けてみて下さい。

では、肺がんのセルフチェック項目にはどのようなものがあるのでしょうか? ここでは、代表的なものを20項目ご紹介したいと思います(^^)

  • タバコの喫煙歴が長い
  • 毎日20本以上タバコを吸う
  • タバコを吸い始めた年齢が15歳以下であ
  • 一日20本以上タバコを吸う人間が、家族の中にいる(自分以外)
  • アスベストやコータールを吸う仕事に就いているor就いていた
  • 自宅が排気ガスの多い幹線道路沿いなどにある
  • 自宅が光化学スモッグの良く発生する場所にある
  • 最近痩せてきた
  • 原因不明の発熱がある
  • 風邪でもないのに咳や痰が長期間続いている
  • 息苦しさを感じる
  • 胸の痛みを感じる
  • 血の混じった痰が出る
  • 最近声が出しにくい、または声が枯れてきた
  • ストレスに弱い
  • 今まで一度も肺がん検診を受けたことがない
  • 痰の細胞診の検査を受けたことがある
  • 胸部ヘリカルCT検査を受けたことがある
  • 間質性肺炎(肺線維症)塵肺・COPDの経験がある
  • 親類に肺がんにかかった人がいる

これらの項目は、肺がんの初期症状や発生原因に関わるものとなっていますので、当てはまるものが多ければ多いほど、肺がんにかかる確率が高いと言えます。

セルフチェックを行って、5つ以上当てはまるものがあった場合には、一度肺がん検診を受けてみることをおすすめします。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ