肺がんの初期症状

肺がんの症状

 肺がんは、他の病気と区別がつくような特徴のある症状が出る病気ではありません。

また、初期段階では無症状の場合が多く、身体に異変を感じた場合には進行が進んでいたり、発見した時にはすでに末期だった、というケースも少なくありません。

そのため、肺がんを早期発見・早期治療するためには、肺がんの初期段階で起こる小さな異変、初期症状についての知識をしっかりと持ち、日頃から自分の身体のチェックを欠かさないことが重要となってきます。

ここでは、肺がんの初期症状の特徴などについて、ご紹介したいと思います(^^)

肺がんは、初期段階では発症しているということ自体に気付きにくい病気です。

そのため、初期の肺がんは定期検診のレントゲン検査などで偶然見つかったといったケースが多い病気となっています。

また、肺がんの初期症状は風邪の症状とよく似ており「安静にしていれば自然に治る」と勘違いされやすい、という特徴もあります。

肺がんを発症した場合、初期症状としてといった症状が現れます。

また、これらの症状は初めのうちは軽い場合が多く、放っておいても大丈夫といった印象を持たれがちなものとなっています。こういった理由もあり、肺がんの初期症状は見逃されやすいのです。

では、肺がんを早期発見するためには、どういった身体の変化・異常に注目するべきなのでしょうか?

肺がんの初期段階で出やすい身体の異常・症状

 肺がんの初期段階で出やすい身体の異常・症状を、以下でご紹介しますので、是非チェックしてみて下さい(^^)

  • 風邪をひいている訳でもないのに、一ヶ月以上空咳が続く
  • 咳がひどくなり、息切れを感じる
  • 痰の量が増え痰の色が濃くなったり、血痰が出るようになってきた
  • 持続性の胸の痛みを感じる
  • 物が飲みこみにくい
  • 肺炎や気管支炎を起こしやすい
  • 食欲が落ち、急に体重が減った
  • 首や顔が腫れることが増えた
  • 疲労感が強い

これらの症状や異常は、肺がんの初期〜中期によく見られるものとなっていますので、当てはまる物が多ければ多いほど、肺がんである可能性が高いと考えられます。

3つ以上当てはまる項目がある方は、是非一度、肺がん検診を受けてみられることをおすすめします。

肺がんの初期症状は風邪によく似ているため、見逃しやすく、軽く考えられがちです。

しかし「肺がんの初期症状が風邪に似ている」という事実を知っていれば、初期症状を見逃して進行がんに苦しむといった最悪のケースを回避することができるはずです。

長く続く空咳や、痰の量の増加、胸の痛みなどを実感した場合には、できるだけ速やかに専門医の検診を受けてみて下さいね。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ