肺がんのMRI検査

肺がんの検査・診断

肺がんのMRI検査

肺がんのガイド

肺がんMRI検査について、解説致します!

 肺がんを発見するための検査としては「胸部X線検査」「CT検査」といったものが一般的ですが、肺がんの転移を診断する際に有用な検査に「MRI検査」があります。

実は、日本で実用化されている臨床用のMRI装置は、CT検査よりも肺にできたがんを発見する精度が低く、特に腺がんなどを見つけるには適していないとされています。

しかし、MRIは頭部や骨の検査に有効なため、転移が考えられる肺がんを診断する際に用いられることの多い検査方法となっています。

このページでは、肺がん検診におけるMRI検査について、詳しくご紹介していきたいと思います(^^)

肺がん検査で使用されるMRIとは

 MRIとは「Magnetic Resonance Imaging(核磁気共鳴画像診断法)」の略称で、磁場の中で水素原子核の状態を反映させて、体内の状態を画像化する検査方法です。

といっても、このMRIの仕組みは複雑で、医師でも説明できないほどのものですので「磁場の中でがんなどの異常を撮影すること」と、簡単に把握しておけば大丈夫です。

MRIの優れている点は、CTのように被ばくをしないということと、CT検査では精密に調べられない部位や臓器を詳細に検査できるという点にあります。

特に、MRIは頭部や骨盤領域、胆道系、頸椎や関節などの整形外科領域などの精密検査に適しているため、肺がんがこれらの部位や臓器に転移している可能性がある場合、転移の有無や進行を詳しく調べることが可能です。

肺がんの診断でMRIが有用であるケース

 肺がんの検査でMRIが有用であるのは、転移の有無や進行を調べる場合となります。

特に、MRIは被ばくをせず、水分が多い臓器の精密検査に高い効果を発揮する検査ですので、頭部・脳の検査に大変役立ちます。

肺がんの場合、遠隔転移がみられることが多いですが、脳転移は心身への悪影響が非常に大きなため、初期段階で見つけることが大変重要です。

そんな脳転移を早期で発見するために、MRI検査は大変重要なものとなっています。

また、CTでは詳細な検査が難しい縦隔のリンパ節の転移や骨・骨髄への転移も、MRI検査では見つけ出すことが可能です。

肺がん検査のMRIの流れ

 MRIの機械はCTの機械と外観がよく似ており、基本的に診察台に横たわるだけで、自動的に撮影・診断が行われる仕組みとなっています。

しかし、CTと異なりX線ではなくラジオ波(FM放送で使われているものと同じもの)を使って診断をしますので、被ばくの危険性はありません。

また、ガドリニウムという造影剤を使用して検査の精度を上げる場合がありますが、胸部X線検査で使われているヨード系の造影剤より副作用が起こる危険性は低いとされています。

ただし、全く副作用がないという訳ではありませんので、アレルギーや造影剤で体調不良を経験したことがある方は、事前に医師に相談をしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ