肺がんにかかる治療費

肺がんの治療法

肺がんにかかる治療費

肺がんのガイド

肺がんかかる治療費について、解説致します!

 肺がんと診断されたら、余命はもちろんのこと、治療費についての心配も出てくると思います。

しかし日本では保険制度が充実していますので、ほとんどの治療は保険適用となりますし、高額療養費制度を活用することもできます。

ただし小細胞肺がんなど、治療の選択肢が少ない場合、先進医療を選ぶ患者さんもいらっしゃいます。先進医療は自由診療となりますので、数十万〜百万単位がかかることもあります。

肺がん治療は、基本的には月10万以下で済む

 肺がんの治療費は、大体の目安として総額150万といわれます。

かなりざっくりした金額ですが、早期発見できて治療が簡単に済む場合は100万円で済むこともありますし、反対に進行した状態で治療が長引く場合には200万以上かかることもあります。

特に高額なのは抗がん剤です。1クール20万円台が相場となっており、実際の治療ではこれを4クール行ったりします。

そのため、手術ではなく抗がん剤治療が中心となる小細胞肺がんや、進行した非小細胞肺がんの治療費はやや高く、手術ができる早期の非小細胞肺がんでは安く済むということになります。

早期発見は、治療費の節約にもつながるのです。

ただし、日本では治療費の負担を軽くするさまざまな制度があります。

健康保険が効くものなら3割負担(人によって1割負担)で済みますし、さらに月々の上限額を設定する高額療養費制度もあります。

これらを活用すれば、自己負担額は月に10万を超えることはまずありません。

ただし、先進医療は全額自己負担に

ただし一部の先進医療を受ける場合には、自由診療となり全額自己負担となります。また高額療養費制度も適用されません。

もっとも高額なのが、新しい放射線療法である「重粒子線治療」です。300万ほどかかりますので、貯蓄があるか、民間の医療保険に入っていないと負担が大きくなってしまいます。

また「がんワクチン」と呼ばれる免疫療法も、自由診療です。

1回の投与につき30万円近くかかり、これを複数回行いますので、かなりの額になります。しかし手術が難しい肺がんにも一定の効果が認められており、今後保険適用となることが期待されています。

その他、ラジオ波を使った焼灼療法も自由診療で、1回につき30万円ほどとなっています。

現在では高額な先進医療も、一定期間をかけて確かな治療効果が認められれば、数年後には保険適用となるものも出てくる見込みです。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ