非小細胞がん(肺がん)の治療法

肺がんの治療法

非小細胞がん(肺がん)の治療法

肺がんのガイド

非小細胞がん(肺がん)治療法について、解説致します!

 非小細胞がん(肺がん)は、肺がん全体の90%近くを占めるがんで「腺がん」「扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん」「大細胞がん」などが該当します。

非小細胞がんの治療は、手術でがんを取り除くことが最優先にされますが、病期(ステージ)によって選択される治療方法が異なってきます。

こちらのページでは、ステージごとの非小細胞がんの治療方法についてご説明していきたいと思います(^^)

肺がんが「TA期」の場合の治療法

 TA期の非小細胞がんは、がん細胞が肺の一部にとどまっている上、病巣の大きさも3cm以下となっています。

そのため、手術で完全に取り除くことが出来る可能性が高いと判断され、外科療法が選択される場合がほとんどです。

手術のみで治療が終了になるケースが多いですが、術後の状態によっては、化学療法などが行われる場合があります。

肺がんが「TB期〜UB期 」の場合の治療法

 TB期〜UB期の小細胞がんは、TA期よりもがんの病巣が大きく、リンパ節への転移がみられるため、外科療法と化学療法が併用されるケースが多くなっています。

手術によってがんを切除できる可能性はありますが、転移の可能性が少なくないため、完全に病巣が取り除かれた場合でも、術後に抗がん剤治療を行うことが推奨されています。

この外科療法後に行われる化学療法を「術後化学療法」と呼びます。

肺がんが「VA期〜VB期 」の場合の治療法

 VA期〜VB期の小細胞がんは、肺の近くの臓器への浸潤(しんじゅん)がみられますが、拡がりが一定の範囲に留まっている状態となっています。

しかしながら、V期の小細胞がんは小さな転移が画像検査で見つけづらいため、手術は用いられず、化学療法と放射線療法を併用した治療が主体となっています。

具体的には、画像検査で確認できるがんや、リンパ節に転移したがんに対しては放射線治療を、画像検査で確認出来ないような小さな転移には抗がん剤による治療が行われます。

また、近年、抗がん剤に放射線治療の効果を高める作用が確認され、この2つの治療を同時に行う「化学放射線療法」が行われるようになり、VA期〜VB期の治療でも積極的に行われています。

肺がんが「W期 」の場合の治療法

 W期の小細胞がんは、骨や脳といった離れた臓器への遠隔転移がみられたり、肺や心臓の周辺に水が溜まっている状態で、進行がかなり進んでいる段階となっています。

このW期は「進行肺がん」と呼ばれ、肺にできたがん細胞が全身に拡がっていると診断されます。

そのため、外科療法や放射線療法で特定のがん細胞を一つ一つ取り除くことは不可能と判断され、抗がん剤を使用した化学療法が選択されます。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ