肺がんの再発・転移

再発肺がんの治療法や転移について

肺がんの再発と転移について解説

こちらのカテゴリでは、肺がんの再発と転移についてご紹介しています。肺がんの治療を受けた人、再発に備えたい人、既に再発との診断を受けた人などにおすすめです。

がんの再発とは、前回に治療したはずのがんが、再び現れることをいいます。元の病巣の近くに出現することを「局所再発」、遠く離れた部位に再発することを「遠隔転移」といい、どちらも組織型は前回のがんと一緒です。

がんは、このように初回治療を受けた後も再発リスクがある点が非常にやっかいな病気です。特に肺がんは再発率が高いがんの一つで、手術で病巣を摘出した後も、決して油断はできません。

なぜ肺がんは再発・転移しやすいのか、どのようなしくみで再発するのか、なぜ5年以内の再発が多いのか、などについて詳しく解説しています。

また、肺がんの再発が疑われる症状についての記事や、転移しやすい臓器、術後のフォローアップ検診の重要性などについての記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

さらに、再発・転移した場合の治療法についてもご紹介しています。再発・転移したがんは、初回時よりも治療の選択肢が限られるなど、難易度が上がることが一般的です。

特に遠隔転移した場合は局所療法ができないため、抗がん剤による化学療法が中心となりますが、しだいに使える薬がなくなってしまうこともあります。

再発時にはどのような抗がん剤が使われるのか、また再発がんによる痛みが出た場合はどのようにとるのかについても解説しています。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ