アメリカでは肺がん検診は意味がないとされている?

アメリカでは肺がん検診に意味がないことが分かり、胸部X線検査や喀痰細胞診などが行なわれていないという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。

しかしその後、検査機器の進歩などによって、検診には一定の効果があることが明らかになっています。

「肺がん検診に意味なし」といわれたのは過去の話!

「アメリカでは肺がん検診に意味がないとされている」という話の発端は、1970年代後半、がん治療で有名な「メイヨークリニック」で行なわれた実験から始まりました。

メイヨークリニックは、45歳以上の男性喫煙者4,500人を対象に調査を開始。胸部X線検査と喀痰細胞診を受けたグループと、そうでないグループとに分け、その後の肺がん死亡率について調べました。

その結果、検診を受けたグループとそうでないグループとの間に、死亡率の有意な差が認められなかったことから、検診は肺がんの早期発見や死亡率の低下にはつながらない、という見解を出したのです。

その結果が国外にも広まり、「肺がん検診には意味がない」という説が蔓延しました。

しかしその後、日本で実施された調査では結果が異なっています。肺がんと診断された患者さんを対象に、以前の検診受診率について調べたところ、1年以内に検診を受けた人では死亡率が28%減少したという結果が出ています。

この数値だけでは、それほど高くない印象があるかもしれません。しかしその後、胸部CTなどの検査機器も進歩し、また胸部X線検査で発見しやすい腺がん(肺野部のがん)が増えたこともあり、検診による肺がん死亡率の低下はさらに有意になってきました。

一時期、肺がん検診を中止していたメイヨークリニックですら、現在は検診を再開している状況です。

肺がんの早期発見は、検診を受ける以外に方法がない

肺がんに限らず、多くのがんは初期症状がほとんどありません。「おかしいな」と本人が気づいたころには、既にかなり進行しており、手術のできない段階になっていることがよくあります。

そんな恐ろしいがんを早期発見するためには、「自覚症状のないうちに検診を受ける」以外に有効な方法はありません。体に異変が出てからでは遅いのです。特にリスクの上がる40歳からは、年に1度の胸部X線検査を受けるようにしましょう。

さらに喫煙習慣のある人、過去にあった人の場合は、喀痰細胞診も受けるとなお安心です。できれば人間ドックなどで、胸部CT検査も受けるようにすると、小さな肺がんも発見しやすくなります。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ