病院の選び方と医師との接し方・話し方

がん治療をどこの病院で受けるべきか悩んでいる人は、全国のがん拠点病院にある「相談支援センター」に問い合わせてみましょう。また退院後に通院することも考え、距離的にあまり負担の大きくない病院を選ぶことも大切です。

がん治療を受ける病院を選ぶのは、患者さん自身!

がんになった時、治療を受ける病院を決めるのは患者さん本人です。大切な自分の体ですから、どの病院の、どの医師のもとで治療を受けたいのか、しっかりと考えて決める必要があります。

「がんの確定診断を受けた病院で、そのままお世話になることが普通なのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、もちろんそれも一つの方法です。

しかし治療方針を聞いて少しでも不安や疑問に感じることがある場合は、他院にセカンドオピニオンを求めることもできます。

その結果、最初とは違う病院で治療を受けることになるかもしれませんし、そのまま最初の病院でお世話になるかもしれません。最終的に結論を出すのは、患者さん自身です

まだ病院が決まっていない患者さんで、「どんな病院がいいのか分からない」という場合は、全国にあるがん拠点病院に「がん相談支援センター」が設置されていますので、そこで相談してみましょう。

医療ソーシャルワーカーや、専門の看護師が常駐し、がん患者さんからのさまざまな相談を幅広く受け付けています。治療を受ける病院についても、地域の中で患者さんにもっとも合ったところを教えてくれますので、ぜひ問い合わせてみてください。

自分にとってベストな病院を選ぼう

いい病院選びは多くの人の関心事ですから、ランキング形式にした雑誌や本なども多数、発行されています。また病院によっては、がんの治療成績を公表しているところもあります。

ただし、病院と患者さんには「相性」があるのも事実です。ランキングや治療成績を参考にするのも一つのヒントにはなりますが、実際にかかってみて、医師を信頼できるかどうかは患者さんにもよります。

治療が遅れないよう、まずは早い段階で気になる病院を受診し、実際に話を聞いてみるようにしましょう。

また、がん治療では手術や入院だけではなく、退院後もある程度長く通院することになります。いくら評判のいい病院でも、通うのに大変すぎると後々無理が生じますので、通いやすさを考慮して選ぶことも大切です。

他にも、がん以外の持病がある人は、なるべく色々な科の集まった総合病院のほうが安心ですし、手術後にリハビリが必要になる場合は、リハビリ設備の整った病院が理想的です。

さまざまな条件を整理し、「他人ではなく自分にとって一番いい病院」を選びましょう。

医師との接し方・話し方

がんの治療を受ける上で、担当医としっかりコミュニケーションをとることは非常に大切です。分からないことはきちんと質問する、説明を受ける際はなるべくメモをとるなど、病気や治療への理解を深めるための工夫をしてみましょう。

がんの治療は自分が主役!医師としっかり話し合おう

がんという、命を脅かすこともある大きな病気を治療する際には、患者さん自身が能動的になり、医師としっかり話し合うことが大切です。

ひと昔までは、医師の権力が絶大で、患者さんはおとなしく指示にしたがうだけ…というケースも実際に少なくありませんでした。しかし今はそのような時代ではなくなっています。

治療の主役はあくまで患者さんであり、治療方針についても医師と相談して決めることが普通です。

よく分からないまま、何となく納得したつもりになって治療を受けてしまうと、いずれ後悔することにもなりかねません。まずは「自分が主役」という意識を持ちましょう。

そして、医師と話す際には疑問点をいくつか箇条書きにして持って行くことをおすすめします。あまりに質問が多いと、結局は理解しきれませんし、時間が足りなくなって大切な質問ができなくなることもあります。

どうしても今聞きたいこと、一番不安に思っていることなどを中心に質問するようにしましょう。

また説明を聞く際は、メモを取ることも大切です。後で読み返して熟考するためにも、医師の話の要点をしっかりと書き取っておきましょう。できれば家族にも同席してもらい、一緒に話を聞くと、なお話の内容を確認しやすくなります。

医師とうまくコミュニケーションをとれない時には?

医師の説明を受ける際に、分からない用語などが出てきた場合は、なるべくその場で質問することも大切です。質問すれば気軽に答えてもらえますので、分からないままにしておかないようにしましょう。

どうしても質問できなかった場合は、なるべく早くインターネットなどで調べるか、看護師さんに聞いてみるのも一つの方法です。

また、医師との相性が良くないと感じた場合、いっそのこと他の病院に移ったほうがいいのではないかと思うこともありますが、即行動する前に、看護師さんや「がん相談支援センター」などの窓口で相談してみることをおすすめします。

その先生の性格なども含めて、いいコミュニケーションの取り方を教えてもらえる可能性があるからです。

本当に信頼できないと思う場合は、転院もやむを得ませんが、ちょっとした工夫で埋められる溝であれば、まずはトライしてみることも大切です。ぜひ周りの人の助けを積極的に借りましょう。

セカンドオピニオンはもはや常識!

自分のがん治療について不安や疑問がある場合、他の医師に「セカンドオピニオン(第二の意見)」を求めることができます。患者さんの当然の権利として認められているものですから、不安を解消するためにも遠慮なく利用しましょう。

「セカンドオピニオン」はどんな時に必要?

肺がんを含め、多くのがんには「標準治療」というものが確立されています。

発見時のステージや組織型などによって、どのような治療を行なうべきかがある程度明らかになっていますので、医師によって大きく意見が分かれるようなことは、現在では多くありません。

ただし標準治療は、あくまで基礎となる骨組みのようなものであり、一人一人の患者さんにどう適用するかについては、医師によって意見が異なることもあります。

たとえば外科手術が標準治療となっているステージであっても、患者さんの年齢や体力、全身状態などによっては「手術は高リスク」と判断し、放射線療法を選択することがあります。

しかし、その見極めは微妙であり、医師によって意見が異なることもあるのです。

がんの治療方針を決定する際には、このように選択に迷うケースが複数あります。まずは担当医の意見をしっかりと聞いた上で、本当にそれでいいのかどうか迷った時は、他院にセカンドオピニオンを求めることを考えてみましょう。

その結果、ファーストオピニオンと同じであれば納得して治療を受けられますし、違う見解が示された場合はじっくりと考え、自分が最善と思える治療を選び取ることができます。

セカンドオピニオンはもはや常識!遠慮なく求めよう

セカンドオピニオンは、多くの病院で受け付けています。ただし診療ではなく相談になりますので、健康保険が適用されず、自由診療の扱いとなります。費用などについても、あらかじめ確認しておきましょう。

セカンドオピニオンを求める上で、多くの患者さんが気になるのが、担当医との関係の悪化です。昔から日本では「医師の言うことは絶対」という価値観があるためか、他の医師に意見を求めることを失礼と感じ、躊躇してしまう患者さんも多いといわれます。

しかし、その心配はありません。少なくとも今は、セカンドオピニオンを求めることは患者さんの当然の権利として認められており、そのことに嫌な顔をする医師は、いたとしてもごく少数です

正しいセカンドオピニオンを求めるためにも、主治医には正直に話し、必要な検査結果やデータなどをもらうようにしましょう。

また結果的にどんな治療を受けるにせよ、セカンドオピニオンを聞いた後は主治医にその結果を伝え、再び見解を聞くことも大切です。

今は医師が一方的に治療法を決める時代ではなく、患者さんと一緒に決めることが普通ですから、萎縮せず、どんなことでも医師とオープンに話し合うようにしてみてください。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ