肺がんについて情報収集をしよう!

戦いに勝つためには、まず敵を知ることから−。がんの治療に臨む前には、まず患者さん自身も情報収集し、正しい知識を身につけることが大切です。

がんに勝つために、がんのことを知ろう!

がんの宣告を受けた直後は、多くの人が激しく落ち込み、何事にもやる気が起こらなくなってしまいます。しかし時間が過ぎ、気持ちの整理が少しついたら、まずやるべきことは「がんについての情報収集」です。

自分のかかっている病気がどういうものなのか、今どんな状況なのか、どのような治療の選択肢があるのかなどについて正しく知ることは、治療に向かうための大切な第一歩になります。

正体のわからない敵を前にしては、誰もが漠然とした不安を抱きますし、正しい戦い方もできないはずです。まずは敵を知ることから始めましょう。

その際、気を付けたいのは「質の高い情報を集める」ということです。今はインターネットがありますから、医療従事者でなくてもさまざまな情報を簡単に入手できるようになりました。

しかし情報の数が多い分、その中から本当に信頼できる情報を見分ける「目」も必要になってきます。

たとえば標準治療を否定して、特定の民間療法をすすめるだけの記事や、ある商品を買わせるために作られたサイトなどは、その裏に「ビジネス」がひそんでいます。

誰がどのような目的で書いた記事なのかをしっかりと見極め、偏った情報に振り回されないことが大切です。

「質の高い情報」を得られるのはどこ?

がんについての情報収集をするなら、以下のような情報源を頼りにすることをおすすめします。

医師や看護師

当然ではありますが、患者さんの担当医からもたらされる情報は質が高く、正確です。分からないことがあれば、まずは医師に確認しましょう。

医師が質問にしっかりと答えてくれない場合、もしくは医師の意見に疑問を感じる場合などは、他院にセカンドオピニオンを求めるのも一つの方法です。

専門家が書いた書籍や「診療ガイドライン」など

一般的に、書籍や冊子の情報は正確性が高い傾向にありますので、書店や図書館などで探してみましょう。

特に、学会が刊行する「診療ガイドライン」は、現段階でもっとも有効とされる治療法についてまとめてありますので、非常に分かりやすく、理解に役立ちます。

一方、標準治療をすべて真っ向から批判するような偏った主張の本を、最初から読むことはあまりおすすめできません。まずは標準治療についてしっかりと理解した上で、補助的に参考にするようにしましょう。

信頼できるインターネット上のサイト

国立がん研究センターによる「がん情報サービス」や、厚生労働省のページなど、できるだけ信頼できる機関によるサイトを参考にしましょう。

その他のサイトを見極める場合は、「客観的な視点に立っているかどうか」が一つのポイントです。特定の商品や治療法を推すだけの記事は、鵜呑みにしないように気をつけてください。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ