肺がんの抗がん剤治療の副作用が不安

肺がんで抗がん剤を使用することになった場合、多くの患者さんが真っ先に不安になるのは、副作用のつらさです。しかし薬は年々改良されており、ひと昔前に比べると副作用はだいぶ軽減されています。

抗がん剤の副作用はなぜ起こる?

肺がんの治療では、抗がん剤を使った化学療法が行なわれることがあります。しかし抗がん剤と聞くと、誰もが真っ先に思い浮かべるのは強い副作用ではないでしょうか。

抗がん剤は血液に乗って全身に運ばれる「全身療法」ですので、遠隔転移した後でも、複数の腫瘍を縮小できる可能性があります。しかし世間のイメージ通り、抗がん剤には副作用がつきものであることは間違いありません。

抗がん剤はがん細胞の増殖スピードの速さを利用して作られた薬であり、正常な細胞にはダメージを与えにくくなっていますが、髪の毛を作る毛母細胞や、血液を作る造血幹細胞などは特に細胞分裂が活発なため、がん細胞と同じく抗がん剤の標的になってしまいます。

抗がん剤の副作用で、脱毛や骨髄抑制などが起こるのはこのためです。

また抗がん剤が異物と見なされることで、強い吐き気や嘔吐が起こることもあります。こうした副作用は、多くが投与したその日がピークであり、その後は楽になっていきますが、受ける患者さんにとっては不安が大きいものです。

抗がん剤のつらい副作用は、かなり軽減されている!

しかし医学の世界は日進月歩で進化しているため、抗がん剤も年々、副作用が軽くなっています。

特に「ゲフィチニブ」や「エルロチニブ」などの分子標的薬と呼ばれる薬は、がん細胞だけが持つ特異なタンパク質などに狙いを定めた薬ですので、従来型の抗がん剤と比べると副作用が大きく軽減されている点がメリットです。

肺がんの治療でも、分子標的薬が活用されるようになりつつあります。また従来型の抗がん剤でも、あらかじめ制吐剤を併用するなどして、起こり得る副作用を予防することが一般的になっています。

現在は治療効果のみならず、患者さんのQOL(生活の質)を重視する風潮になってきていますので、抗がん剤の強い副作用にただ耐えるよう強制されることはありません。

万が一、副作用が重すぎる場合には、薬の減量や中止を選択することもありますので、不安になりすぎずにリラックスして受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ