肺がんの再発がんを受け入れるために必要なこと

がんの宣告は、誰にとってもつらいものですが、治療がやっと一段落した後で再発が見つかった時のショックは、なおさら大きいといわれます。

再発がんを患者さんが受け入れ、前向きに生きていくためには、周りのサポートが必要不可欠です。

がんが再発した時のショックは、特に大きい

がんは、日本人の死因第1位であり、2人に1人が生涯に一度はかかる身近な病気ともいわれています。

しかし、だからといって恐怖感が軽くなるわけもなく、がんの宣告を受ければ誰もが大きなショックを受けるものです。中には抑うつ状態になるなど、精神的に病んでしまう人も少なくありません。

それでも多くの患者さんは、数週間後には現実を受け入れ、前向きに治療に立ち向かえるようになるといわれます。どんな状況でも生きていけるように備わった、人間の強さといえるでしょう。

そうして治療を乗り越え、ようやく病巣を摘出するなどして一段落ついた後、再発や転移が発見された時の絶望感は、初回の宣告を受けた時以上に大きいのも無理はありません。

最初はポジティブに病気と戦えた人も、再発時には別人のように落ち込んでしまっていた、というケースも多く見られます。

一生懸命にがんばった治療の努力を否定されたような感覚、人生の不条理さ、むなしさ…さまざまな感情が患者さんを襲います。

再発がんを受け入れるために必要なこと

肺がんは、特に再発率の高いがんの一つです。再発を宣告された患者さんに必要なことは、その現実を再び受け入れるための時間、そして周囲の温かなサポートです。

特に家族の全面的な許容は、患者さんにとって大きな癒しとなります。家族もつらい気持ちは同じですが、死の恐怖を前にしている患者さんが一番つらいことは確かです。

本人の気持ちに共感し、どんな言葉にも耳を傾け、スキンシップもとりながらつらい気持ちにとことん寄り添いましょう。患者さんが「一人じゃない」と感じることは、非常に大きな力につながります。

また、医師に対しても心を開き、これから自分の望む治療や、療養生活についてしっかりと相談することも大切です。他の誰のものでもない、自分の人生なのですから、納得できるまで考え、最善と思われる道を選ぶようにしましょう。

場合によっては積極的な治療を望まず、緩和ケアを受けながら苦痛なく自分らしく過ごすという選択肢もありますし、治験に参加する、自宅療養をするなど、人によってさまざまな生き方があります。

再発がんや末期がんの精神的な苦しみを緩和するためのチームも、大きな病院には整備されていますので、カウンセリングなど、活用できるものはどんどん活用していきましょう。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ