肺がんの症状

肺がんの自覚症状や似た症状など

肺がんの症状に気を付けよう!

こちらのページでは、肺がんの症状について分かりやすくご紹介しています。肺がんの症状について知りたい方、しつこい咳が続いていて不安な方、胸部CT検査で「前がん状態」といわれて心配になっている方などにおすすめです。

肺がんは初期の自覚症状が少なく、気づいたころには既にだいぶ進行していた、というケースの非常に多いがんの一つです。ですから症状が出るまで待たず、定期的に検診を受けておくことが早期発見につながります。

また、肺がんは症状が出たとしても、風邪や他の病気との区別が難しい点も特徴です。

肺がんの自覚症状といえば、咳や血痰、胸部痛、胸がゼーゼーいう「喘鳴(ぜんめい)」などが代表的ですが、これらはいずれも、普通の風邪でも表れる症状ばかりです。また、咳や喘鳴などは「ぜんそく」の症状でもあります。

そういった、肺がんとまぎらわしい他の病気についてもいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。もちろん、きちんと区別をつけるためには、病院での検査が必要です。

肺がんの宣告を受けることが怖くて、検査に行くのをためらう人も多いのですが、むしろがんが早く見つかることは幸運ですので、勇気を出して受診しましょう。

その他、肺がんの「前がん状態」についても解説しています。前がん状態とは、まだ悪性腫瘍とは呼べないものの、将来的にがん化する可能性のある病変のことです。

肺がんの場合、主に胸部CT検査で、すりガラスのような白い影として写るケースが多く見られます。サイズによって、そのまま経過を見るか、切除してしまうかを判断します。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ