肺がんかも!?肺がんの自覚症状一覧

 肺がんの自覚症状は必ずしも多くなく、あったとしても普通の風邪と間違えられやすい点がネックです。特に肺の奥(肺野部)にできるがんは症状が少ないため、定期検診を受けることが非常に大切になります。

肺門部の肺がんの自覚症状

 肺がんの中でも、比較的症状が出やすいのは肺門部のがんです。太い気管支に近い、肺の入り口のほうにできるがんは、それだけ気管支にまつわる症状が出やすくなります。

しかし、いずれも肺がんに特徴的な症状ではありませんので、風邪やぜんそくと間違われることも少なくありません。

 肺がんによる気管支の症状といえば、が代表的です。風邪でもないのにいつまでも頑固な咳が続く場合は、放置せず必ず病院で診てもらうようにしましょう。

特に初期の肺がんの咳は、普通の風邪による咳と見分けがつきにくいといわれます。

喘鳴

 呼吸するたびにゼーゼーと胸が鳴る症状で、ぜんそくにも見られます。

胸痛

 肺がんが胸膜に広がったことによる症状です。さらに進行すると痛みは激しくなり、腕にしびれが生じることもあります。

血痰

 血痰は、普通の風邪でも見られるものですが、毎回続くような場合は肺がんの疑いもあります。ぜひ受診して痰の検査を受けるようにしましょう。

顔や首の腫れ

 上半身の大静脈や、リンパ節の腫れによる症状で、肺がんがかなり進行していることを示しています。意識障害にもつながるため、早急な受診が必要です。

肺野部の肺がんの自覚症状は少ない

 肺の末梢部である肺野部は、太い気管支から離れているため、がんになっても初期症状が出にくいことで知られています。ただし肺野部は、胸部X線検査で写りやすい場所でもありますので、年に1度は検査を受けるようにすれば早期発見は可能です。

肺野部のがんの症状は、がんが進行して遠隔転移してから出てくるケースが多く見られます。

たとえば骨転移であれば急な骨折や骨の痛み、脳転移ならマヒや頭痛、嘔吐、視力障害などが代表的です。また全身症状として、体重の減少や食欲不振などもあります。

小細胞がんの自覚症状

 進行が速く、転移しやすい小細胞がんは、がん細胞がホルモンを産生するため、特有の症状が出ることがあります。

たとえば「副腎皮質刺激ホルモン」が過剰に分泌されると、顔が丸くふくらむ「ムーンフェイス」や、皮膚が黒くなる、血圧や血糖値が上昇するなどの症状が出やすくなります。

また「抗利尿ホルモン」が分泌された場合は、低ナトリウム血症となり、食欲不振や吐き気、意識障害、人格の変化などが引き起こされることがありますので、早急な受診が必要です。

いずれにせよ、肺がんは症状が出てきた頃にはだいぶ進行していることが多いため、症状のないうちに検診で発見することが大切です。

年に1度の胸部X線検査と、喫煙習慣のある人は喀痰細胞診やCT検査などを受け、早期発見に努めるようにしましょう。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ