肺がんの「前がん状態」の症状

 肺がん検診や人間ドックなどで胸部CT検査を受けた時、すりガラス状のぼやけた白い影が肺に写り、「前がん状態(前がん病変)」と診断されることがあります。

これは、まだ悪性腫瘍とは呼べない段階のため、しばらく経過を観察することが一般的です。

肺がんの「前がん状態」とは?

 近年CTの性能が良くなったため、以前までは見えなかったごく小さな病巣まで拾い出せるようになりました。

その結果、肺に「すりガラス状陰影(GGO)」と呼ばれる、もやのかかったような1センチほどの白い影が写るケースが増えているといわれます。

すりガラス状陰影の多くは、「異型腺腫瘍過形成」といって、肺がんの中でも「腺がん」の前がん病変です。腫瘍の性質を持つものの、現段階では悪性腫瘍とは呼べず、将来腺がんになる可能性がある、という状態を指します。自覚症状も特にありません。

前がん病変と聞くと、いずれ確実にがんへと成長するイメージがありますが、必ずしもすべての病変ががんになるわけではありません。ただし可能性があるのは事実ですので、しばらく経過をしっかりと観察することが大切です。

また、すりガラス状陰影の中には、既に腺がんになっているものとの鑑別が難しいものもあるため、必要と判断された場合には、より詳しい検査を行なうこともあります。

1センチ以上の前がん病変は、外科手術になることも

 一般的には、すりガラス状陰影が1センチ未満であれば、今後数年は大きな変化がないと考えられます。実際、そのまま経過を観察して何事もなく済む患者さんも少なくありません。

特に大きな健康不安のない高齢者の場合、無理に手術をするほうが合併症などのリスクがあるため、基本的に経過観察をします。

しかし1センチ以上になるようなら、悪性腫瘍の可能性を考え、手術が検討されます。多くの場合、悪性化するにつれてすりガラス状陰影の色の濃度に変化が起こります。

すりガラス状の部分が大きい、つまり淡い色であればあるほどリスクが少なく、逆に色が濃くなるほど治療が必要になることが一般的です。

このように、基本的に1センチ未満のすりガラス状陰影は経過観察することになりますが、色の濃淡なども合わせて判断が難しい画像の場合、積極的に治療すべきかどうか医師の間でも意見が分かれることがあります。

医師の説明をよく聞いた上で、必要であればセカンドオピニオンを求めることも大切です。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ