肺がんの代替療法・民間療法

 がんの治療法には、マッサージや鍼灸、温泉療法、気功などの「代替療法」「民間療法」と呼ばれるものもあります。これらはいずれも、効果や安全性が科学的に確認されたものではありませんので、自己責任で受けることが大切です。

肺がんの代替療法・民間療法とは

 現在、がんの治療は「治療ガイドライン」に基づいた、「標準治療」が適用されることが一般的です。標準治療は、十分な臨床試験を行なった上で、その効果や安全性がしっかりと確認されたものであり、私たちは健康保険を使って受けることができます。

一方、科学的な根拠に基づいていない治療法も存在します。それが「代替療法」や「民間療法」と呼ばれるものです。

心理療法や精神療法などのメンタル的な治療をはじめ、鍼灸やマッサージ、食事療法、運動療法、温熱療法、ハーブや健康食品を使った治療法など、実に数多くの種類が含まれます。

がんの治療を受ける際、どの方法を選択するかは、最終的には患者さんの自由です。たとえ医師といえども、標準治療を法的に強制することはできません。

しかし効果や安全性の面からいうと、標準治療を越えるものはないのも事実ですので、それ以外の治療法を検討する際には、十分な下調べや、医師との話し合いが大切です。

たとえば抗がん剤と併用すると相互作用を及ぼし、危険な状態になるものもありますので、どんな治療法を選ぶにせよ、まずは医師と相談するようにしましょう。

代替療法や民間療法は「自己責任」で受ける必要がある

 がんが早くに見つかり、手術で根治が期待できるような時は、多くの患者さんがためらうことなく標準治療を受けます。

しかし発見が遅れ、現在の標準治療では根治が望めないような場合、科学的な根拠に乏しい治療法でも試してみたいと思うのは、ある意味では自然なことです。

そんな患者さんの必死な願いを否定することはできませんし、実際、代替療法で腫瘍が縮小したという話もいくつか聞こえてきます。

しかし国が認めた標準治療ではない治療法は、効果や安全性が確認されていないため、万が一何か起こっても、補償などは基本的に受けられません。あくまで自己責任であることを十分に理解した上で受ける必要があります

特に、病院での標準治療を頭から全否定したり、「これを受ければ必ずがんが治る」というような宣伝をしたりしている所は少し危険ですので、しっかりと見極めるようにしましょう。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ