放射線療法の副作用と症状一覧

 肺がん治療の中でも、体に優しいとされる放射線療法ですが、それでも多少の副作用は起こることがあります。人によっては治療後しばらく経ってから副作用が出現することもあるため、注意が必要です。

肺がんの放射線療法で起こり得る副作用

 放射線療法を行なう際は、安全のため、患者さんの状態に合わせて適切な放射線量が決められますし、できるだけ正常な細胞にダメージを与えないよう、ミリ単位で照射範囲が設定されます。

それでも、細胞を攻撃する力を持つ放射線を使う以上、副作用はゼロではありません。肺がんの放射線療法で、頻度の高い副作用には以下のようなものがあります。

副作用の症状・原因・治療法

皮膚炎

 照射した部位の皮膚が炎症を起こすもので、放射線療法ではもっとも多い副作用の一つです。治療後およそ2週間で肌が赤くなり、やがて黒ずんで皮膚が入れ替わって元に戻るという、日焼けした時と同じ経過をたどります。

ほとんどは自然に治癒するため大きな心配はありませんが、炎症が強い場合は潰瘍やただれになることもあるため、炎症部位にはなるべく刺激を与えないことが大切です。

冷水で絞ったタオルで軽く冷やすか、必要に応じてステロイドなどの薬を処方してもらうようにしましょう。

食道炎

 肺がんの放射線療法では、食道近くのリンパ節に照射することがあるため、食道も放射線の影響を受けて炎症を起こす可能性があります。皮膚炎と同様、治療後2週間は特に慎重な経過観察が必要です。

胸焼けや喉のチクチクした感じ、食べ物が喉につかえるなどの症状が一般的ですが、ひどい場合は水を飲んだだけでも痛みを感じることがあります。

これも自然治癒するため大きな心配はないものの、良くなるまではなるべく柔らかく飲み込みやすいものを食べるなどの工夫が大切です。

肺臓炎

 放射線の照射範囲が広い場合、肺に炎症が起こり、熱や咳、息切れなどの症状が起こる「肺臓炎」になる場合があります。

多くは治療期間の途中で見られ、人によっては命に関わるほど重症化することもありますので、高熱やひどい息切れなどが見られた際はすみやかに医師に相談しましょう。

脊髄炎

 50gy(グレイ)以上の放射線を照射した場合に起こり得る副作用の一つで、脊髄の炎症により、しびれやマヒなどが起こります。

晩期遅発性といって、治療後しばらく経ってから現れる場合もあるため、感覚障害などが起きた時は早めに受診することが大切です。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ