肺がんの化学療法は外来でも受けることができる

 化学療法(抗がん剤治療)というと、ひと昔前までは入院して受けることが普通でしたが、最近では入院日数を最小限に抑え、外来でも受けられるようになりつつあります。また錠剤タイプの「分子標的薬」は、自宅での服用が可能です。

肺がんの化学療法は、外来でも受けられるように

 抗がん剤は一般的に副作用が出やすいため、管理のためにも入院しながら治療を受けることが通常でした。しかし最近では医療全般において、入院日数の短縮化が図られており、がんの化学療法でも必要最小限の入院で済ませることが多くなってきています

抗がん剤治療は、1コースを数回にわたって行ないますが、最初の1コース目は副作用の発現具合をしっかりと確認するためにも、入院して治療を受けることが一般的です。

ただし2コース目からは、たとえば1週間入院して治療を受け、その後は自宅で過ごし、再び1週間入院する、というふうに、自宅と病院を行き来しながら治療を行なうことが増えています。

特に重篤な副作用が見られなかった場合などは、2コース目からは入院せず、完全に外来で治療を行なうこともあるほどです。

また、「分子標的薬」という新しいタイプの抗がん剤には、点滴薬ではなく錠剤もあり、その場合は自宅での服用ができます。実際、仕事をしながら抗がん剤治療を受けている患者さんも少なくありません。

このように、最近の化学療法では自宅で過ごせる時間が以前よりも格段に増えていますので、QOLを大切にしながら治療を受けることが可能です。

外来で化学療法を受ける際の注意点

 外来で化学療法を受けるにあたって、気になるのは「副作用が出た場合の対処」です。外来の化学療法を行なう場合は、担当の医師や看護師が患者さんをしっかりとサポートします。

万が一、自宅で具合が悪くなった時にはすぐに対応できるよう、24時間連絡のとれる体制を整えてくれますので、不安に感じることがあれば我慢せず、相談することが大切です。

特に分子標的薬でまれに起こる「間質性肺炎」などは、放置すると命の危険があるため、少しでも発熱や息苦しさなどが現れたらすみやかに病院に連絡しなくてはいけません。

また外来で化学療法を受ける際は、患者さん自身もしっかりと自己管理する必要があります。

特に内服薬の飲み忘れには要注意です。また骨髄抑制の副作用がある抗がん剤の場合、感染症にかかりやすくなるため、マスクの着用や手洗い・うがいをこまめにするなどの対策も必要です。病院の指示にしたがい、きちんと管理するようにしましょう。

このように自己管理を徹底し、万が一の際にはすぐ病院に連絡できる体制があれば、外来でも安心して化学療法を受けることができます。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ