放射線療法の必要性

 患者さんの中には、「全身療法の化学療法(抗がん剤)があるのに、なぜ放射線療法が必要あるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし放射線療法は、副作用が比較的少なく、高齢の患者さんにも安心して行ないやすいほか、化学療法と組み合わせることでより治療効果が高まるなどのメリットがあります。

放射線療法の必要性〜少ない副作用で根治が期待できる

 肺がんの3大治療は、外科手術・放射線療法・化学療法です。もっとも根治が期待できるのは外科手術ですが、発見が遅れるなどして手術の適応にならない場合、放射線療法と化学療法が治療の中心となります。

放射線療法は病巣を狙った局所療法、それに対して化学療法は、薬によって各所のがんを攻撃する全身療法です。これだけを見ると、手術のできないがんに対しては、複数箇所に一度にダメージを与えられる化学療法だけで十分な気がしてしまうかもしれません。

しかし放射線療法には、まず「安全性が高い」という大きなメリットがあります。もちろん正常な細胞にも多かれ少なかれ照射してしまいますので、皮膚炎や食道炎などの副作用は起こり得ますが、抗がん剤の副作用と比べると一般的には穏やかです。

また、病巣を狙って照射しますので、手術と同様、根治も期待できる治療法です。特に、体力的に手術の難しい高齢の患者さんには、放射線療法が第一選択となる場合もあります。

放射線療法の必要性〜化学療法との併用で治療効果アップ

 放射線療法は、「化学療法と組み合わせることで、より高い治療効果を得られる」点も大きなメリットです。

特に、まだ遠隔転移を起こしていないV期の肺がんの場合、病巣をピンポイントで攻撃する放射線療法と、目に見えない微小ながん細胞を攻撃する化学療法を併用することによって、がんを根治できる可能性もゼロではありません。

また、がんを完全になくすことはできなくても、腫瘍を大幅に縮小させることによって、長い間生存できる可能性も十分にあります。

つまり手術ができない段階でも、放射線+抗がん剤を同時に活用すれば、うまく肺がんと付き合いながら延命できる確率が上がるということです。

ただし、既に遠隔転移しているW期の肺がんは、局所療法である放射線療法の対象にならないため、化学療法の一択になります。少しでも予後を良くするためにも、V期までのステージで発見することが非常に大切です。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ