肺がんの標準根治手術(肺葉切除術)

 肺がんの手術の中で、もっとも標準的なものは「肺葉切除術」です。がんのできた肺葉ごと切除する方法で、安全性が高く、再発リスクも低いとされています。

肺がんを肺葉ごと取り除く「標準根治手術」

 肺がんの手術方法にはいくつかありますが、T期・U期の手術で第一選択となるのは「肺葉切除術」です。肺がんの標準根治手術と呼ばれ、特に患者さんの年齢や体力に問題がない限り、この術式が多く行われます。

肺は一つのかたまりではなく、いくつかの肺葉という部分に分けられます。右肺は「上葉・中葉・下葉」の3つ、左肺は「上葉・下葉」の2つです。

このうち、肺がんが見つかった肺葉をすべて摘出する手術を「肺葉切除術」といいます。さらに、念のため周りのリンパ節も一緒に切除することが一般的です。

どれか1つの肺葉を切除しても、他の部分が機能を補ってくれるため、呼吸などに大きな支障は基本的に出ません。また病巣だけではなく、肺葉全部を切除することで、目に見えないがん細胞の取り残しを防ぐことができます。

ただし、高齢などで体力が十分ではない患者さんに対しては、病巣のみを摘出する縮小手術が行なわれることもあります。

肺葉切除術の流れと、術後の様子

 肺葉切除術は安全性も高く、合併症や後遺症のリスクも比較的少ないとされています。手術時間は、およそ2〜3時間、出血量も多くが100ml以下のため、輸血が必要になることはほとんどありません。

肺葉切除術を受ける前には、約4週間、禁煙が必要です。喫煙していると術後の痰が多く、気管支に詰まったり、感染症の原因になったりすることがあります。

手術の際は、硬膜外麻酔と全身麻酔を併用します。術中は、手術をする肺の換気を止め、片側の肺だけで換気するように処置が行われます。

眠っている間に手術は終わりますし、術後も継続的に硬膜外麻酔が入れられますので、それほど強い痛みを感じることはありません。

術後は、他の肺葉が残っているとはいえ、これまでと比べると呼吸がしにくいと感じることが多いため、リハビリが必要です。腹式呼吸のトレーニングを受けると、息苦しさから解放されやすくなります。

ただし呼吸困難がひどい場合は、必要に応じて酸素吸入や、抗不安薬の投与などが行われることもあります。

肺がんの一側全摘除術

 肺がんが、太い血管や気管支に広がっている場合、病巣のあるほうの肺を丸ごと切除する「一側全摘除術」が行われることがあります。肺を部分的に切除する「肺葉切除術」に比べると、呼吸機能が低下しやすいため、術後の生活に注意が必要です。

肺がんの「一側全摘除術」とは?

 肺がんの手術では、病巣のある肺葉を取り除く「肺葉切除術(標準根治手術)」が第一選択となります。ただし、がんが肺をはみ出して、気管支や血管にまで広がっている場合は、やむを得ず片側の肺を全摘出するという選択肢も検討されます

肺が1つ、まるまる失われてしまうことになりますので、術後の後遺症や合併症のリスクは、肺葉切除術の2〜3倍に上がります。特に術後、運動時に息苦しさを感じることが多いといわれています。

また、肺を切除すると呼吸機能の低下のみならず、心臓にも負担がかかるため、日常生活に大きな支障が出る可能性も少なくありません。そのため、一側全摘除術を行えるのは心肺機能が十分にある、比較的若い人に限られます。

高齢者や、体力が十分ではない患者さんには無理に一側全摘除術を行なわず、他の治療法を選択したほうが安全です。

一側全摘除術の流れと、術後の生活

 一側全摘除術の流れは、肺葉切除術とほぼ同じです。喫煙習慣のある人は、術後の痰を減らすためにもなるべく早くから禁煙するよう指示されます(平均4週間)。

手術は全身麻酔と硬膜外麻酔を併用しますので、手術中の意識はありません。手術自体はそれほど複雑なものではありませんが、肺葉切除術に比べて合併症のリスクが高いため、術後は注意が必要です。

特に食事の際、むせて食べ物が肺の方に入らないように十分注意する必要があります。ただし状態さえ問題なければ、術後は早めにベッドから離れて、どんどん動くことも大切です。

一側全摘除術で特に呼吸機能が低下しやすいのは、右肺を摘出した場合です。肺は心臓がある関係で、左右の大きさが異なり、右肺のほうが大きく、呼吸機能の55〜60%を占めています。ですから左肺より、右肺を摘出したほうが呼吸機能は低下しやすくなります。

しかし術後リハビリに励むことで、術前と同じとはいかなくとも、肺活量を大きく取り戻している患者さんもいます。無理はせず、しかし適度に体をきたえながら生活することが大切です。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ