肺がんの標準治療

 現時点でもっとも有効とされる治療を「標準治療」といいます。肺がんの標準治療は、現在のところ外科手術・化学療法(抗がん剤)・放射線療法の3つで、必要に応じて緩和治療が4つめの治療に加わります。

肺がんの標準治療@〜外科手術

 肺がんで、もっとも根治が期待できる治療は外科手術です。病巣をきれいに切除することができれば、それだけでがんは完治したといえます。

肺がんで手術ができるのは、基本的にT〜VA期の非小細胞がん、またTA期の小細胞がんです。特に小細胞がんは進行が速く転移しやすいため、ごく早期の段階でなければ手術の適応になりません。

手術では、病巣のある肺葉(上葉・中葉・下葉のいずれか)と、周りのリンパ節の摘出が標準の根治治療になります。ただしごく早期の肺がんの場合は、病巣のみを切除する縮小手術が行なわれることもあります。

術後は呼吸機能が低下する恐れがあるため、どの程度切除するかは慎重に検討されます。

肺がんの標準治療A〜化学療法

 肺がんは初期症状が出にくく発見が遅れがちなため、手術ができる人は全体の半数以下です。進行がんの場合、抗がん剤による化学療法が治療の中心となります。特に進行の速い小細胞がんは、抗がん剤の感受性が高いことで知られます。

また手術ができる場合でも、目に見えないがん細胞を取り残している可能性を考え、再発防止のために術後に抗がん剤を使うことも少なくありません。

最近では副作用の少ない「分子標的薬」という新しいタイプの抗がん剤が開発され、肺がん治療においても「ゲフィチニブ」や「ベバシズマブ」などが認可を受けています。

肺がんの標準治療B〜放射線療法

 体を固定し、体表から病巣に向かって放射線を照射することで、がん細胞にダメージを与える治療法です。肺がんでは、抗がん剤と組み合わせて実施されるケースが多く見られます。

局所的な治療のため、基本的に遠隔転移していないステージの肺がんに対して行なわれます。また最近では、より病巣をピンポイントで狙える「陽子線」や「重粒子線」を使った新しい放射線療法も始まっています。

肺がんの標準治療C〜緩和療法

 完治できる見込みがない場合に選択される緩和療法も、ステージや状態によっては肺がんの標準治療となります。主に非小細胞がんのW期など、遠隔転移している段階です。

緩和療法では、痛みを軽減するためのモルヒネの投与や、呼吸困難に対する酸素療法など、対症療法が中心になります。また死への恐怖を和らげるためのカウンセリングなど、精神的なケアも重要な緩和療法の一つです。

がんの治療を行なう大きな病院には、緩和ケアチームが整備され、家族も含めてさまざまなサポートを受けられるようになっています。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ