肺がん治療に使用する抗がん剤一覧

 肺がんの治療に使われる抗がん剤には、さまざまなものがあります。肺がんの種類や進行の状況、また患者さんの年齢や体力などを総合的に考慮した上で、もっとも適切な抗がん剤が選択されます。

肺がん治療に使われる抗がん剤一覧

 肺がんの治療でよく使用される抗がん剤には、以下のようなものがあります。

種類 一般名 商品名 適応
白金製剤 シスプラチン ブリプラチン・ランダ・プラトシン 手術不能の小細胞がん・非小細胞がん
カルボプラチン パラプラチン
ネダプラチン アクプラ
微小管阻害薬 パクリタキセル タキソール 手術不能の非小細胞がん
ドセタキセル タキソテール
ビノレルビン ナベルビン
トポイソメラーゼ阻害薬 イリノテカン

カンプト

トポテシン

手術不能の小細胞がん
エトポシド

ベプシド

ラステット

代謝拮抗薬 ゲムシタビン ジェムザール 手術不能の非小細胞がん
ペメトレキセド アリムタ
抗がん性抗生物質 アムルビシン カルセド 手術不能の小細胞がん・非小細胞がん
分子標的薬 ゲフィチニブ イレッサ 手術不能の非小細胞がん
エルロチニブ タルセバ
ベバシズマブ アバスチン

それぞれの抗がん剤の解説

白金製剤

貴金属のプラチナ(白金)が原料に使われている抗がん剤です。肺がんでは、手術のできない小細胞がん・非小細胞がんいずれにも大きく活用されており、他の種類の抗がん剤と組み合わせて使われます

微小管阻害薬

細胞分裂に重要な、細胞中の「微小管」の働きを阻害する抗がん剤です。肺がんでは、手術のできない非小細胞がんに対して、シスプラチンやカルボプラチンなどの白金製剤と併用する形で使用されます。

トポイソメラーゼ阻害薬

細胞核にある「トポイソメラーゼ」という酵素の働きをブロックすることで、がん細胞の分裂を阻害する抗がん剤です。肺がんでは、主に手術不能の小細胞がんに対して、シスプラチンと併用する形で使用されます(PI療法やPE療法)。

代謝拮抗薬

核酸の材料と似た物質を間違えて取り込ませ、がん細胞が正常に分裂できないようにする抗がん剤です。肺がんでは手術のできない非小細胞がんに対して、シスプラチンやカルボプラチンなどの白金製剤と併用する形で使用されます。

抗がん性抗生物質

生物由来の抗がん剤です。肺がんでは「アムルビシン」が、小細胞がん・非小細胞がんの両方に対して用いられています。特に小細胞がんへの効果が高く、初回治療として投与されることもあります。

分子標的薬

がん細胞の産生するタンパクなどに狙いを定めた、新しいタイプの抗がん剤で、従来型のものと比べて吐き気や骨髄抑制などの副作用が少ない点がメリットです。肺がんでは手術不能の非小細胞がんに対して使用されます。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ