肺がんのステージ(病期)と治療方針

 肺がんには、他の多くのがんと同様、T〜Wまでのステージ(病期)があります。ステージは治療法を決定する上で、非常に重要なものです。

肺がんのステージ(病期)分類

 肺がんの治療を受けるためには、まず肺がんであることを確定した後、今度は病巣の広がりを調べる必要があります。これによってステージを決定し、どのような治療が最適かを検討することになるのです。

肺がんのステージは、がんの大きさと浸潤の程度(T因子)、リンパ節転移の有無(N因子)、遠隔転移の有無(M因子)の3つの因子を調べ、それらを組み合わせて決定される「TNM分類」が用いられることが一般的です。

組み合わせに応じて、以下のステージに分かれます。

ステージ 進行度
0期 がん細胞が気管支の表面のごく浅い層までにとどまっている段階。「上皮内新生物」と呼ばれ、厳密には悪性新生物と区別される。
TA期 大きさが3センチ以下で、肺葉の中にとどまっている段階。リンパ節転移なし。
TB期 大きさが3〜5センチで、肺葉の中にとどまっている段階。リンパ節転移なし。
UA期
  • 大きさが5センチ以下で、片側の肺門のリンパ節に転移している状態。
  • 大きさが3〜5センチで、リンパ節転移のない状態。
UB期
  • 大きさが5〜7センチで、片側の肺門のリンパ節に転移している状態。
  • 大きさが7センチ以上か、胸膜や胸壁に浸潤しているが、リンパ節転移のない状態。
VA期
  • 大きさに関わらず、片側の縦隔リンパ節に転移しているが、他の臓器には転移していない状態。
  • 大きさが7センチ以上もしくは胸膜や胸壁に浸潤していて肺内リンパ節に転移しているが、他の臓器には転移していない状態。
  • 縦隔や大動脈、食道、気管などに広がっているがリンパ節転移はない、もしくは片側の肺内リンパ節にとどまっている状態。
VB期
  • 原発巣のがんが、縦隔、大動脈、食道、気道などに直接広がっており、かつ同じ側の縦隔リンパ節に転移している状態。
  • 原発巣と反対側の縦隔リンパ節、もしくは首の付け根のリンパ節に転移しているが、他の臓器には転移していない状態。
W期
  • 遠隔転移がある場合。
  • 原発巣と反対側の肺に転移がある場合。
  • 胸膜に広がり、胸膜播種を起こしている場合、もしくは悪性胸水が溜まっている場合。

肺がんには、上記のようなステージ分類があり、それぞれ最適な治療法が異なります。早いステージで発見できればできるほど手術しやすく、根治が期待できるのは他のがんと同様です。

肺がんのステージと治療方針2

 肺がんの治療方針は、診断時のステージ(病期)によって変わってきます。たとえば非小細胞がんの場合、基本的に手術ができるのはT〜遅くともVA期までで、それ以降のステージでは抗がん剤や放射線治療が中心となります。

非小細胞肺がんのステージ別治療方針

 肺がんの8割以上を占める非小細胞がんは、早期に発見できれば手術の適応となりますが、発見が遅れてしまうとその限りではありません。非小細胞肺がんのステージごとの治療方針は、現在、以下のようになっています。

ステージ 治療方針
0期 外科手術
TA期 外科手術
TB期 外科手術と術後補助化学療法
UA期 外科手術と術後補助化学療法
UB期 外科手術と術後補助化学療法
VA期 化学療法と放射線療法の併用(手術ができる場合は行うこともある)
VB期 化学療法と放射線療法の併用
W期 化学療法

(※【国立がん研究センターのがんの本 肺がん】より引用)

上記のように、基本的に手術の対象となるのはU期までで、V期以降になると、化学療法と放射線療法で少しでも病巣を小さくすることが治療の目的になります。

また、他の臓器に転移してしまっているW期は、病巣が限局的ではないため放射線療法の対象とならず、全身治療である化学療法が標準治療です。

ただし、手術の対象となるステージであっても、高齢など体力に不安のある患者さんの場合は、手術ではなく放射線療法が行なわれることもあります。

小細胞肺がんのステージ別治療方針

 小細胞がんは、肺がんの約1割と少ないタイプではありますが、進行が速いため発見も遅れがちで、手術を行えるケースは稀です。

ただし、非小細胞がんよりも抗がん剤や放射線の効き目が良いため、ほとんどが化学療法か放射線治療で治療していくことになります。

ステージ 治療方針
限局型 化学療法と放射線療法の併用
進展型 化学療法

(※【国立がん研究センターのがんの本 肺がん】より引用)

限局型(病巣が片側の肺だけにとどまっている状態)の小細胞がんでは、シスプラチンとエトポシドという抗がん剤を併用する「PE療法」が多く行われています。同時に胸部放射線照射も実施し、病巣を縮小させます。

一方、「進展型」は、既に放射線を照射できないほど病巣が広がった状態ですので、化学療法が治療の中心です。PE療法のほか、シスプラチンと塩酸イリノテカンを併用する「PI療法」もよく実施されています。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ