肺がんのステージ別治療法選択の流れ

 肺がんの治療法は、発見時のステージによって大体決まっています。すべてのがんにいえることですが、発見が早いほど手術で完治できる可能性が高く、遅くなるほど治療は難しくなります。

肺がんのステージ別治療法選択の流れ

 どのステージでどんな治療法が選択されるかの流れを、チャート式で表したものを「治療アルゴリズム」といいます。がんの標準治療をまとめたガイドラインには、ほぼ必ず掲載されているものです。

肺がんの場合は、非小細胞がんか小細胞がんかによってチャートが変わります。

<非小細胞がんのステージ別治療法選択の流れ>
TA期 外科手術(肺葉切除)
TB期 外科手術(肺葉切除)+術後補助化学療法
U期(A・Bとも) 外科手術(肺葉切除)+術後補助化学療法
VA期 T3N1外科手術+術後補助化学療法
VB期 化学療法+放射線療法
W期 化学療法
<小細胞がんのステージ別治療法選択の流れ>
限局型T期 化学療法+放射線療法
U・V期 化学療法+放射線療法(必要に応じて、予防的全脳照射)
進展型 化学療法

基本的には、発見時のステージによって上記のような治療法が選択されます。基本的に小細胞がんでは手術が行なわれることは少なく、T期の中でもごく早期の場合にのみ検討されます

非小細胞がんは、U期までであれば手術の適応となり、根治が期待できます。V期以降も、VA期であれば手術が行なわれることがありますが、VB期以降はその他の治療法が中心です。

小細胞がんの進展型、また遠隔転移を起こしているW期の非小細胞がんになると、病巣が散らばった状態になるため、手術や放射線療法の対象にはならず、基本的に化学療法の一択となります。

完治を期待するのは難しい状況ですが、腫瘍を少しでも縮小させることで1日も長く延命することが治療の主な目的です。

肺がんの治療法は、年齢や体力によっても異なる

 このように、肺がんの治療法はステージによっておおよそ決まっていますが、実際にどの治療が選択されるかは、患者さんの年齢や体力などによっても変わってきます。

たとえば高齢の患者さんの場合、手術ができる早期の肺がんであっても、リスクの方が高いと判断し、放射線療法を行なうことも少なくありません。

逆に、まだ若くて呼吸機能なども十分に保たれている患者さんであれば、だいぶ病巣が広がっていても、片肺全体を切除することもあります。

いずれにせよ、本人が納得して治療を受けることが何よりも大切ですので、提案された治療法に不安がある時は、他院にセカンドオピニオンを求めるのも一つの方法です。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ