放射線療法の目的と長所と短所

 放射線療法は、放射線を照射することによってがん細胞にダメージを与える治療法です。

副作用が比較的少なく、高齢の患者さんにも行ないやすい点がメリットですが、被ばくのリスクがあるため照射回数が限られているなどのデメリットもあります。

肺がんの放射線療法の目的

 放射線療法は、X線やγ線などの放射線を体の外から病巣部に向かって照射し、がん細胞の遺伝子を壊して、分裂・増殖ができないようにする治療です。手術・化学療法と並び、数多くのがん治療に役立てられています。

肺がんでは主に、以下のような目的で実施されています。

根治療法

既に手術ができない進行がんに対し、化学療法と併用する形で行なわれます。

緩和的治療

脳や骨に転移した際の痛みを緩和したり、もしくは腫瘍を少しでも小さくすることで、食道や血管への圧迫を減らしたりする目的でも実施されます。

予防的治療

がんの進行によるさまざまな症状や、再発などを予防する目的で用いられることもあります。たとえば小細胞がんでは、脳転移のリスクを減らすための「予防的全脳照射」がよく行なわれています。

肺がんの放射線療法のメリットとデメリット

 放射線療法のメリットは、「体に対する負担が比較的少ないこと」です。照射した部位の炎症や、吐き気などの副作用は起こり得ますが、部分的な治療である分、抗がん剤のような強い副作用はあまり見られません。

そのため、体力的に手術の難しい高齢の患者さんに対して、手術の代わりに行なわれることもあります。

また、1日に数分の照射だけで済みますので、外来で受けやすい点もメリットです。ただし化学療法と併用する場合は、入院が必要になることもあります。

一方、放射線療法のデメリットとしては「照射回数に制限があること」が挙げられます。

放射線を使った治療は被ばくのリスクがあるため、がん細胞が消滅するまで何度でも好きなだけ受けるというわけにはいきません。一度治療を行なった部位には、それ以上の照射はできなくなることもあります。

また「後になってから出てくる副作用」にも注意が必要です。抗がん剤などは、投与して比較的すぐに副作用が現れますが、放射線療法の場合は数ヶ月、数年後になって影響が出てくる場合もあります。

ですから過去に放射線療法を受けた人は、長いスパンで体調の変化に気を付けることが大切です。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ