緩和ケアチーム・緩和ケア病棟を利用する

 全国の「がん拠点病院」では、緩和ケアチームが整備され、がん患者さんのさまざまな悩みに対応しています。緩和ケアは、がんと診断された時点から受けることができますので、悩みや不安がある場合はぜひ活用しましょう。

肺がんの診断を受けたら、緩和ケアチームを利用しよう

 肺がんのように大きな病気にかかった場合、患者さんの抱える悩みはさまざまです。身体的な苦痛のほか、治療に対する不安や死への恐怖、また経済的な心配や仕事をどうするかといった悩みなど、いくつもの問題が立ちはだかります。

そんな悩みを軽減するために行なわれるのが、緩和ケアです。がんの治療を行なう全国の「がん拠点病院」には、さまざまな専門家で構成された「緩和ケアチーム」が整備されており、がん患者さんや家族が必要に応じて利用することができます。

緩和ケアチームにケアを依頼したい場合は、担当医や看護師にその旨を伝えるか、もしくは「緩和ケア外来」のある病院では窓口でも相談が可能です。

カウンセリングを希望する場合は日時を予約しなければいけないこともありますので、気軽に問い合わせてみましょう。

緩和ケアチームを構成するスタッフたち

 緩和ケアチームは、緩和ケアを専門とするスタッフの集団です。たとえば以下のようなスタッフで構成されています。

医師・看護師

医療的な緩和ケアを行ないます。痛みに対する鎮痛剤の投与をはじめ、酸素吸引・気管切開などの対症療法も緩和ケアの一環です。

薬剤師

症状を緩和するための薬を出してくれるスタッフです。がんの緩和ケアでは、モルヒネなどの鎮痛剤のほか、抗不安薬や、化学療法の副作用を抑えるための吐き気止めなどの薬もよく使われます。

カウンセラー(臨床心理士)

治療に対する不安や、死への恐怖、うつ状態など、精神的な問題に対応するスタッフです。命に関わるがんという病気では、スピリチュアルなことも含めた、総合的なカウンセリングが行なわれます。

ソーシャルワーカー

治療費や仕事など、社会的な悩みについてアドバイスするスタッフです。また退院後の在宅医療など、療養生活全般に関する相談にも応じています。

管理栄養士

食の観点から、がんをサポートするスタッフです。献立や味つけに対するアドバイスなどを行ないます。

リハビリ専門スタッフ

理学療法士や作業療法士など、リハビリを専門とするスタッフです。主に術後の機能回復をサポートしてくれます。

緩和ケア病棟を利用する

 入院しながら、がんの緩和ケアを受けられる病棟を「緩和ケア病棟」といいます。手術後や末期など、心身のつらい症状がある時に利用できる病棟で、専門のスタッフに見守られながら安心して療養することが可能です。

緩和ケア病棟のメリットとは

 「緩和ケア病棟」は、緩和ケアを受けるための専門施設です。体の痛みや精神的な不安などに対する緩和ケアを、入院しながら受けることができます。緩和ケア病棟には、以下のようなメリットがあります。

24時間体制で医療を受けられる

 緩和ケア病棟には、専門の医師や看護師が常駐していますので、強い痛みや呼吸困難などの症状がある患者さんも安心して療養できます。

個室が多く、ゆっくりと過ごせる

 緩和ケア病棟には末期がんの患者さんが多いため、家族とゆっくり過ごせるよう、広めの個室を用意する病院が多く見られます。また家族が寝泊まりできる部屋があるところも少なくありません。

患者さん同士で談笑できるデイルームがある

 緩和ケア病棟のデイルームでは、同じ病気を抱える患者さん同士でおしゃべりができ、大きな癒しとなります。また、スタッフやボランティアさんによる催し物などが行なわれることもあります。

さまざまな人と触れ合う機会がある

 緩和ケア病棟には、宗教家やボランティアの人たちも多く訪れ、患者さんと温かな関係を築いています。ボランティアは誰でもなれるというわけではなく、病院ごとに一定の講座を修了した人だけが活動していますので安心です。

緩和ケア病棟を利用するためには

 緩和ケア病棟への入院を希望する場合は、まず担当医やソーシャルワーカーなどに相談してみましょう。緩和ケア病棟のある病院は、インターネット上で調べられるほか、がん拠点病院にある「がん相談支援センター」でも教えてもらえます。

病院によっては患者数が多く、空き待ちをしなければいけないこともありますので、利用を考えている方はなるべく早めに行動しておきたいところです

特に違う病院から転院する場合は、一度診察を受けておく必要もあるため、まずは連絡を入れて相談しましょう。

緩和ケア病棟の入院費・治療費には、高額療養費の制度が適用されますので、月々支払う医療費は、自己負担限度額までとなります。

緩和ケアは肺がんの診断時から始まる!

 がんの緩和ケアというと、末期がんの患者さんが受けるものというイメージがありますが、実際はすべての患者さんが診断時から受けられる、包括的なケアです。

身体的な痛みのほか、精神的な不安感や、仕事・金銭面などの問題など、がん治療にともなうさまざまな悩みに対応してもらえます。

肺がんの緩和ケアは、診断時から始まる

 肺がんのように、生命をおびやかすような病気にかかった場合、肉体的な苦痛はもちろん、死への恐怖や費用の悩み、仕事をどうするかといった問題なども含め、患者さんの抱える悩みは多岐にわたります。

そういった問題をすべて合わせて「全人的苦痛(トータルペイン)」として扱い、少しでも和らげるために行なわれるのが緩和ケアです。日本では少し前まで、こうしたケアが十分ではなく、医療技術は高いものの、緩和ケアに関しては後進国でした。

しかし2007年に「がん対策推進基本計画」が策定され、QOL(生活の質)という概念が改めて見直されたことから、現在では「がんと診断された時点から、すべての患者さんに対して必要に応じた緩和ケアを行なうべき」とする考えが定着しつつあります

緩和ケアは、患者さん本人のみならず、その家族も対象です。病に苦しむ患者さんをバックアップする家族もまた、精神的・社会的な悩みを抱えるようになるため、大きな病院では家族に対してもカウンセリングや悩み相談を行なっています。

肺がんと診断されたら、ぜひこうしたケアを気軽に受けてみましょう。

肺がんの緩和ケアにはどんなものがある?

 肺がんの緩和ケアには、たとえば次のようなものがあります。

医療的な緩和ケア

 がんによる体の痛みや不調を軽減するためのケアです。たとえば痛みに対しては、段階に応じた鎮痛薬を用いて対処します。また呼吸が苦しい時の酸素療法も、広義には緩和ケアの一種です。

精神的な緩和ケア

 がん治療にともなう不安や、死に対する恐怖感など、心の悩みに対するケアも重要です。

専門のトレーニングを受けた看護師や臨床心理士などによるカウンセリングのほか、必要に応じて抗不安薬なども活用しながら、患者さんとその家族の精神的苦痛を和らげます。

社会的な緩和ケア

 治療費や仕事の悩みなど、社会的な問題に対するケアです。がん治療を行なう大きな病院には、「がん相談支援センター」などの窓口があり、そこで気軽に相談に応じてもらえます。

高額療養費や疾病手当金などの、利用できる助成制度について詳しく聞くことができますので、ぜひ相談してみてください。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ