肺がん治療後、呼吸が急に苦しくなった時の対処法

 肺がんの手術後に、急に呼吸が苦しくなった場合は、あわてず冷静に対処しましょう。なるべく楽な姿勢をとり、ゆっくりと腹式呼吸を行なうことで落ち着く場合がほとんどです。

肺がんの手術後、呼吸が急に苦しくなった時の対処法

 肺がんの手術を受けた後、息苦しさを訴える患者さんは少なくありません。多くの場合、体を動かして筋力をつけ、呼吸リハビリテーションを受けることによって落ち着いてきますが、運動時や何かの拍子に呼吸が急に苦しくなることもあります。

そんな時は、あわてず次のようなことを試してみてください。

圧迫感のあるものを取り除く

 衣服や布団など、少しでも上半身に圧迫感があるものは、なるべく取り除きましょう。

呼吸が楽になる姿勢をとる

 仕事中や外出中であっても、まずは自分が落ち着ける楽な姿勢をとることが大切です。基本的には横になるより、上半身を起こしたほうが横隔膜が下になるため、呼吸しやすくなります。

作業中でもいったん手を休めて腕を下げ、リラックスしましょう。机などにうつ伏せになる姿勢も呼吸を楽にします。

腹式呼吸で深呼吸をする

 楽な姿勢をとったら、口をすぼめて、病院で習ったような腹式呼吸による深呼吸をします。あわてず息を吐き切り、お腹がふくらむまでゆっくり空気を吸いましょう。

一時的に呼吸が苦しくなっても、上記を行なうことでしだいに落ち着いてくる場合がほとんどです。ただし、あまりに呼吸困難が続く場合は酸素療法が必要になることもありますので、なかなか改善しない場合は病院に相談してください。

呼吸困難を避けるための、日常生活のコツ

 肺がんの手術では、十分な呼吸機能が保たれる程度の切除を行ないますが、肺の容量は術前よりも減っていますので、何らかの理由で呼吸が急に苦しくなることはあり得ます。

特に階段の上り下りをした時や、重い物を持ち運んだ時、人によっては腕を上げる動作などによっても息苦しさを感じることがあります。

呼吸を楽にして過ごすためにも、日ごろからなるべく急な動作を避け、「自分のペース」で動くことが大切です。心拍数が急に上がらないような、ゆっくりした行動を心がけましょう。

また食事中にむせることによっても、呼吸が苦しくなりますので、できるだけ柔らかく喉ごしのいいものを中心に食べるのも一つの方法です。

同じく、排便時のいきみも呼吸困難につながることがあるため、普段から水分をよくとり、楽に排便できるよう心がけてください。

呼吸困難への酸素吸入と薬物療法

 肺がんの手術後、呼吸困難が続くような場合には、酸素吸入や薬物療法が行なわれます。特に体が低酸素状態になっている時には、必要な治療です。

肺がん手術後の呼吸困難の治療法〜酸素療法

 肺がんの手術後の息苦しさは、多くの場合、呼吸リハビリテーションを受けることで改善します。

しかし切除範囲や、患者さんの年齢・体力、COPDなどの基礎疾患によっては、息苦しさがなくならず、頻繁に呼吸困難を訴えることもあります。そのような場合に検討される対処法の一つが、酸素療法です。

液体酸素や、酸素ボンベなどを使って人工的に酸素を取り込む方法で、病院で受けるほか、自宅でもできる「在宅酸素療法(HOT)」の装置もあります。

また、外出先に持ち運べるポータブルタイプのものもありますので、場所を選ばず使うことが可能です。

ただし酸素療法は、顔が青紫色になるチアノーゼという症状や、足がむくむ、頭痛や吐き気がする、血圧が変化する、などの低酸素状態が見られた場合に行なわれるもので、単に本人が「苦しい」と感じるだけでは、基本的に対象になりません。

低酸素状態であるかどうかは、指を機械に挟んで、血中の酸素量を測る「パルスオキシメーター」によっても調べることができます。

実際は低酸素状態ではないのに、酸素吸入を行なうと、逆に酸素のとりすぎで危険な状態になることもありますので、まずは病院に相談して、対象になるかどうかを判断してもらうことが大切です。

肺がん手術後の呼吸困難の治療法〜薬物療法

 呼吸困難に対して行なわれる治療には、薬物療法もあります。使われる薬は、モルヒネやステロイド薬、抗不安薬などが代表的です。

モルヒネは、末期がんの痛みを緩和するためによく使われますが、不必要な過呼吸を抑え、呼吸困難を軽減させる作用もあります。医師の指示のもと適切に使えば、中毒性などの心配もありません。

ステロイド薬は「リンデロン」という薬がよく使用されます。主に、他の治療法が効かない場合に選択されることの多い薬です。

呼吸困難には精神的な要素も深く関わるため、鎮めるために「ジアゼパム」などの抗不安薬が処方されることもあります。不安やパニック発作、興奮状態などを和らげる作用のある薬です。

肺がんの手術後に呼吸困難が続いた場合は、上記のような治療法がありますので、まずは医師に相談してみてください。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ